R0015964 (2000x1500)
今回は趣向を変えて「東京カテドラル聖マリアンナ教会」です。

丹下健三によって設計され1964年に完成した有名な建物です。

東京は目白にあり丁度ホテル「椿山荘」の真向かいにあります。

とても53年前の建物とは思えないモダンな教会です。構造は鉄筋コンクリート造です。外壁はステンレスで仕上げられています。

丹下健三はコルビジェの門下生ですからRC造は得意でしょう。日本で最初のプリツカー賞の受賞者です。

同じプリツカー賞受賞者の安藤忠雄の作品に比べるとやはり芸術性や構造完成度では丹下健三の方が上だと感じました。

R0015970 (2000x1500)
それは内部に入ると更に強く感じます。残念ながらミサが行われていて撮影はできませんでした。

ヨーロッパの大聖堂のように音が反響し荘厳な印象を与えるように設計されています。むしろ響き過ぎです。

内壁は打ちっぱなしのコンクリートですが滑らかな仕上がりではなく古びて味があります。

音響効果が似ているのは当然でヨーロッパの古い聖堂は石造りですからコンクリート造とほぼ同じです。

ですから音を吸収する木造と正反対の音響効果で所謂「洋風」の音になるのです。

このような建物を木造でも造れると思いました。そして「東洋」の音を出してみたら面白い。

実際フィンランドには構想がこれに似たモダンな木造の教会があります。

最近木造の大規模建築が注目されていますが、構造的にはCLTによる壁構造や木質ラーメン構造です。

製材をそのまま使用した大規模建築物は法隆寺や東大寺などで現代建築ではありません。

存命中にできるでしょうか?
3層目完成

前々回から熊本地震にも耐えられる粘りのある筋交いは実現できるのか?というテーマを取り上げています。

粘りのある構造は伝統建築に使われている「貫」構造があることを紹介しました。

これに筋交いの剛性を足し算すれば「強くて粘る」構造ができるのではないか?と考えた訳です。

そこで「九州ポリテクカレッジ」の協力を得て、今回耐力実験を行うことになりました。

この筋交いを「ヌキブレース」と呼ぶことにします。

「ヌキブレース」は私たちが開発したランバー材工法を使えば比較的簡単に作ることができます。

1層目
ランバー材工法は35X105の杉板を3層重ねてCN釘で一体化し軸組材を作るものです。

まず1層目でフレームを形成します。(写真上)

ブレース仮留め

次にブレース(筋交い)を仮留めします。

2層目完成

ブレース以外の2層目を現合わせで仮留めします。

3層目

最後に3層目を釘留めして行きます。

すべて現場で現合わせかつ釘打ち作業で進めていきます。

当初素人さんには難しいのではと思っていましたが意外と容易に一人でもできます。

その最大の要因は部材が板であることです。

片手で持てるほど軽いのです。

今回は2時間ほど掛かりましたが、慣れればさらにスピードアップするでしょう。

夏休みが開けたらいよいよ耐力実験です。

久し振りの更新です。

先日遠賀郡にある古民家のリフォーム現場に行きました。会員の藤田材木店が手がける物件です。

築120年の堂々たる民家で、遠賀川の川沿いにあります。

この頃の構造材はとにかく太いのが特徴で、これは遠賀に限った話ではなく日本全国共通です。

梁せいは太いもので600mm、柱は200mmを超えています。

現代住宅では太い松を入手するのは難しいので杉材は細く、梁は太いもので360mm、柱は120mmがいいとこです。

というより集成材などの細い材が多く使われています。

細い材料を効率的に使うのはよいことではないか。どこに問題があるのか?

地震も無く、台風もない温暖な地域ではこれでよいのですが、わが国のように特に大きな地震が予想される地域では

大変問題があります。

熊本大地震では現代住宅も倒壊していますが古民家も多く倒壊しています。老朽化や施工不良であればどんな材料を使っても

壊れます。

太い材料が入手できないなら細い材料を使って、しかも強い建物を造るというのが技術ですし知恵です。

現代住宅はこのことを目指して筋交いやツーバイフォーのような壁構造で地震に耐えます。

老朽化や施工不良は別としてこの現代住宅は理屈では阪神大震災並みの地震では壊れません。

しかし地震の揺れ方は様々ですし、震度も7を超えないという保証はありません。
荷重変位曲線
この荷重変位曲線は5年前の実験データです。

M-1~M-3は杉無垢材120X120mm角を単純曲げした時のデータです。

荷重が14~18KN付近で突然破壊します。すごい音がします。

このデータで言いたいのは木材は曲げ荷重を受けるとこのように脆性破壊するということです。これは引張りでも圧縮でも同様の傾向を示します。

すなわち壊れるときは一気に壊れるということで材料の太さには関係ありません。

有る程度まで強いが脆いのが筋交いやツーバイフォーの特徴です。

これは人間が住む建物にとっては非常に問題です。

突然建物の下敷きになる可能性があるからです。

それではどうすればよいのか?

次回の報告でその対策を延べることにします。
2011.04.01 スパン表
スパン表
先日「福岡県産スギ横架材スパン表」の説明会がありました。

福岡県産材というのは北九州地域を除く地域のスギです。
私達の会は「北九州の木で・・・・」となっていますが実際は豊前や添田方面の材です。

強度的には告示並で十分強い材であることが証明されましたが変形増大係数(クリープ係数)がやや大きいのが弱点です。

変形増大係数とは、常時荷重を掛け続けると徐々に変形が増大するというものです。
会展示住宅
ほぼ一年ぶりの更新です。

このほど念願の展示住宅が完成したのでお知らせします。

国交省の補助金と施主のご協力があって実現しました。

福岡県の杉とヒノキを使った産直住宅です。

開催日時はH23.3.4(金)から3.6(日)まで開催します。

問い合わせは大江建築設計までお願いします。