上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.07 産直住宅事例
私の事務所では開所以来、地元材を使った木造住宅を宣伝しています。

地元材を使う最大の理由は
エコとか地球温暖化防止などを声高に訴えるためというよりは、そこに豊富な森林があり生き物の棲家には木造が最適だからです。

結果的にそれは自然保護や温暖化防止につながるのです。

地元に豊富な森があるのに、地球の裏側から大変なお金とエネルギーを使って木材を運んでくるというのはどう考えても無理があるし無駄です。

そうは言っても現実はそれが当たり前になっているではないかと言われるでしょう。

その通りです。だから経済発展と自然保護という両立しそうも無い矛盾に苦しんでいるわけです。

映画「アバター」の中ではその苦しみが「戦い」として表されています。

今や経済発展を見直す時期です。そもそも人間が生活できない環境で経済発展しても無意味です。

そんな中で最近国産材の普及拡大をお上が率先してやるようになりました。

補助金を得て、昨年に設立された「福岡県産直住宅推進協議会」の作品の中からいくつかを紹介します。

産直2
産直3
産直4
産直5
産直6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。